BootCampが不要になったMacのパーティションをマージする

Posted on 2010年6月7日

BootCampでWindowsなどを入れていたMacであるが、もうBootCampも使わなくなったので、そのパーティションをHFS+のパーティションにマージしたい。というときのためのメモ。

ターミナルで

# diskutil list

とすると、パーティションリストが出てくるので、これをメモ。

/dev/disk0
#:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
0:      GUID_partition_scheme                        *332.0 Gi   disk0
1:                        EFI                         200.0 Mi   disk0s1
2:                  Apple_HFS Macintosh HD            232.0 Gi   disk0s2
3:       Microsoft Basic Data WINDOWS                100.0 Gi    disk0s3

こんな感じね(ディスクのサイズなどはダミーです)。この IDENTIFIER を確認する。今回は disk0s2 に Mac OS X が入っていて、 disk0s3 に Windows が入っているとしましょう。この Windows はいらないということで、disk0s2 と disk0s3 をマージします。

# diskutil mergePartitions JHFS+ new disk0s2 disk0s3

これで disk0s2 と disk0s3 がマージされます。成功すれば disk0s2 に残っているファイルはそのままなのですが、失敗するとファイルはなくなってしまう可能性もありますので、バックアップはしておきましょう。

diskutil の man を参考にすると、さらに理解も進みます。

mergePartitions [force] format name fromDevice toDevice
Merge two or more partitions on a disk. All data on merged partitions other than the first will be lost. The first will be erased if it doesn’t have a resizable type (e.g. JHFS+) or if the force argument is given. Format and name apply only when the first partition is being erased. Merged partitions are required to be ordered sequentially on disk (see diskutil list for the actual on-disk ordering). Ownership of the affected disk is required.
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加